消費者金融の審査

どうしても借りたい!消費者金融の審査に通るコツは?

MENU
RSS

消費者金融の審査システム

消費者金融の審査に通るためには、審査のシステムを知っておくことが大切ですね。消費者金融の審査はどのように行われているのでしょうか。他の金融機関の審査とは違っているのかも知っておきたいですよね。

 

消費者金融の審査は、一次審査はスコアリングで行うところが多いです。スコアリングとは、申し込み者の属性を点数化することで、信用度を測る方法です。基準の点数が決まっていて、その点数以上であれば、一次審査は可決となるわけですね。

 

属性の項目は多く、審査において重視されるのは収入だけではないということが明らかです。どんなに収入だけが高くても、他で点数が低ければ審査に通らない可能性が高いと考えておきましょう。

 

一次審査を通過した方が、二次審査に進みます。本審査とも呼ばれますが、ここでさらに申し込み者を詳細に審査していくわけですね。一次審査に通ると、本審査は高い確率で通るという情報を見たことがあるでしょう。実際には、一次審査に通った方が100%本審査に通っているわけではありません。

 

消費者金融の審査は、個人への貸し付けで最も早く完了するといわれています。銀行などよりも、個人向けの無担保ローンでの審査システムが充実していると考えてよいでしょう。ここが、審査時間の短さにもつながっているわけですね。

 

もちろん消費者金融ごとに審査システムや、スコアリングでの基準は違っています。消費者金融で絶対に借りたいという時には、審査の過程がどのようになっているかを知っておいたほうが、申し込み前に安心感も高まるでしょう。

 

審査に通るためにやっておきたいこと

消費者金融の審査に、どうすれば絶対に通るということは、もちろん申し込み者には分かりません。しかし、やっておいたほうがよいことや、避けておくほうが安心なことはあるでしょう。

 

消費者金融の審査では、安定した収入を確認されます。転職して間もない状態では、収入が継続するかどうかわからないと疑問を持たれてしまうでしょう。やはり申し込み前には転職を控えるようにしておいたほうが安心です。同様に転職したばかりなら、期間を待ってから申し込みをしたほうがよいですね。

 

申し込みから借入までの間に、ほとんどの消費者金融では、ネットで申し込みをしても必ず電話連絡を受けることになります。あるいは自動契約機では、オペレーターとの会話が必須です。店舗などでは直接担当者と会話することになるでしょう。この時の会話も、実は審査に影響します。とはいっても、緊張する必要はありません。消費者金融のように担保や保証人がない貸し付け方法では、申し込み者本人の信用度を確認することになります。

 

店舗で男性申し込み者が女性スタッフをナンパした、こういった特殊なケースではなくても、会話に問題を感じれば審査にマイナス影響を及ぼすこともあります。お金を貸せるだけの信用度を、消費者金融は求めているわけです。少しでも、不審な点があれば、なんらかの影響を及ぼしてしまうのです。信用というのは、収入以外に確実に返せそうと感じるかどうかを重視しているところがあります。お金を借りたいと考えているわけですから、みすみす信用度を下げることはしないようにしておきましょう。

 

住宅ローンは消費者金融審査に影響する?

住宅ローンを利用していると、消費者金融の審査に影響があるのでしょうか?また逆に、消費者金融を利用している場合には、住宅ローン審査に影響があるのかも気になりますね。

 

借りられる額のリミットとして、総量規制という法律のことは知っているでしょう。これは、年収の3分の1までが最高借入額となる法律となります。しかし、総量規制の対象になるのは、貸金業者のキャッシングやローンのみです。住宅ローンを取り扱っているのは銀行ですから、総量規制の法律からは気にする必要がありません。

 

住宅ローンの利用中であっても、法律的には消費者金融に申し込むことに問題はないということです。消費者金融のキャッシングを利用していても、住宅ローンには申し込めるということにもなります。ただし収入に応じた返済状況というのは、金融機関が気にするところです。余裕を持って返済できる額でないと、当たり前ですが行き詰まってしまうでしょう。

 

住宅ローンを利用していれば、消費者金融の審査に通らないということには直結しません。しかし、ローンは借りた瞬間ではなく、その後の返済が長期間かかるものです。いくらぐらいの借入までなら余裕があるのかということは、しっかりシミュレーションをしておかないといけません。

 

消費者金融の利用履歴が、住宅ローンに悪影響になるということも見たことがあるでしょう。しかし、きちんと返済しているという履歴は、必ずしも審査否決に直結しません。ローンを利用していても、延滞の履歴が残っていないことが重要になります。

 

審査に通った方の口コミをご紹介

消費者金融の審査に通った方の口コミを参考にしてみましょう。審査に通ってどうしても借りたいと思っている方に、役立つ情報を見つけられるのではないでしょうか。

 

「26歳、年収は270万円、すでに消費者金融一社で50万円の限度額まで借りていました。総量規制まであと40万円あり、余裕だと思っていたのです。クレジットカードのキャッシングもしていたことに、直前に気付いたので助かりました。クレジットカードのキャッシング額も含めて、計算し直した希望限度額で審査に通ったのです。」

 

「転職したばかりで、審査には通らないかもしれないと不安でした。しかし、同じ職種ですしお給料も増えていたのです。どうしても借りたいと思ったので、消費者金融に申し込むことにしました。勤続年数は短かったのですが、キャリアアップとみなしてもらえたのか、審査は可決でした。」

 

「消費者金融の審査に一社落ちてしまいました。審査否決の理由は分からないので、正直もう借りられないのかと、悩んでいたのです。しかし、審査の基準は消費者金融によって違うという情報を見つけました!思い切って別のところに申し込んでみたのです。結果は可決、諦めずに申し込んだのが正解となりました。」

 

「消費者金融からの借入が3社ありました。さらに借りる必要が出てきたのですが、借入件数が多いと審査には通りにくいそうですね。新しい消費者金融に申し込むのではなく、一社の限度額アップを狙うことにしました。これまで1日たりとも返済に遅れたことがなかったのがよかったのか、追加借入が可能になりました。ついでに、一社からの借入もまとめて総借入額は増えましたが、借入件数を減らすことに成功したのです。」